artifact_title

篠笛は、素材となる竹にもこだわり希少なものを使用しています。笛の中に漆を塗り厚くなった部分を削りその上にまた漆を塗る事を100回は繰り返します。困難な作業の末、プロの奏者も納得する笛を作ります。1本の笛が作られるのにおよそ3ヶ月から1年はかかります。蘭情(本名・長谷川照昭)さんは、祭囃子などを奏でる篠笛、幽玄な能の世界を表現する能管、約1300年の歴史を持つ雅楽の龍笛、そして高麗笛・神楽笛などを作ることの出来る数少ない笛師の一人です。邦楽界では蘭情の名で知られています。

上総獅子頭は、桐を素材に漆を塗って作ります。九十九里地方に広く伝わる「上総獅子頭」は下歯が上歯の内側に入る点に特徴があります。長谷川照昭さんは大正時代に跡絶えた上総獅子頭を自らの研究と工夫により復活したといわれています。千葉県指定伝統的工芸品に選定されています。

shinobue


伝統的工芸品一覧
上総獅子頭 [文化・歴史|伝統的工芸品]
山武市島638-1 ℡0475-58-1428
篠笛 [文化・歴史|伝統的工芸品]
山武市島638-1 ℡0475-58-1428