御嶽神社とその周辺

御嶽神社の創建は久安元年(1145年)であり、御神体は安閑天皇と伝えられています。本社は間口3.9メートル(13尺)、奥行き1.95メートル(6尺5寸)総欅造り(前四重垂木裏三重垂木の紅龍造り、丸柱神殿造り、かえる股)で、中には三体の刻像が祀られています。拝殿は、昭和23年(1948年)9月のアイオン台風で潰れ建て直されました。末社は十で、三社様、観音様、風鎮の神様、天神様、種痘神様、力神様、門番様(2つあり)、水神様、不動様。境内は、約4.087平方メートル(4反1畝6歩)あり、「かつては三十三か村に氏子あり」と言い伝えられています。

開催場所 市指定文化財
電話番号 0475-80-1451
備考 御嶽神社へは、JR総武本線八街駅からバス上布田経由東金行き「植草」下車徒歩5分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。