石灯籠

石灯籠は、銘文によると貞享3年(1686年)に瀧川重左衛門、賀瀬茂兵衛、瀧川市郎右衛門、秋葉五右衛門、乙馬善九良、乙馬与市良、乙馬市左衛門、善塔善太良、善塔助次良の寄進によるものであります。石材は小松石(神奈川県産)を使用し、江戸時代の様式を良く残しています。蓮沼村史・第五節(地引網漁業)によると西宮市(兵庫県)の西宮神社に上総国の里人の寄進による石灯籠が2つあります。1つは元禄2年9月(1689年)に蓮沼村の里人と西宮の里人によるもの。もう1つは元禄11年8月(1698年)に上総の国の講中によるものです。それぞれの灯籠に、この石灯籠を寄進した里人と同様の名前が刻まれています。このことは、当時、九十九里浜の地引網、特に鰯漁を介し、関西漁民と蓮沼の人達との交流があったことが伺えます。いずれも、郷土の産土(うぶすな)神社に漁業の安全・豊漁を祈願して寄進したものです。

開催場所 市指定有文・五所神社
電話番号 0475-80-1451
備考 五所神社へは、JR総武本線横芝駅からバス横芝循環蓮沼行き「五所神社前」下車徒歩1分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。