五所神社本殿

五所神社の本殿は、桃山時代の遺構を残す江戸時代の建造物で唐破風、千鳥破風仕入母屋造、屋根は栩葺きで身舎は数多くの彫物で装飾され色彩が施されています。文治5年(1189年)源頼朝が陸奥平定の折、しばらくこの地にとどまり、武運長久国土安泰を祈願したといわれ、天正年間(1573年~1591年)、下総芦戸城主・木曾義純が五所神社の神官に縁故があったことから造営の質を提供たものです。五所神社は、天照大日霊貴命(アマテラスオオヒルメムチノミコト)を祭神として承安元年(1171年)に創建されました。

開催場所 県指定有文・五所神社
電話番号 五所神社0475-86-2324
備考 五所神社へは、JR総武本線横芝駅からバス横芝循環蓮沼行き「五所神社」下車徒歩1分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。