稲葉黙斎の墓

稲葉黙斎の墓は、元倡寺の境内にあります。稲葉黙斉は、江戸日本橋(現東京都中央区)に朱子学者の稲葉迂斎の二男として生まれました。天明元年(1781年)、学者として円熟していた50歳で上総清名幸谷(現大網白里町)に移住し、亡くなるまでの18年間山武地域で多くの門弟を指導しました。元倡寺は、応安元年(1368年)に臨済宗・具保禅師に建立され後に梅月禅良和尚が迎えられ曹洞宗に改められています。寺は明治19年(1886年)以後しばらくの期間、成東高等小学校の校舎として本堂が使用されていたというエピソードがあります。昭和49年(1974年)3月19日に千葉県の史跡に指定されました。

電話番号 0475-80-1202
備考 稲葉黙斎の墓へは、JR総武本線成東駅から徒歩10分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。