大堤権現塚古墳

大堤権現塚古墳は、松尾駅から南西約1kmの地点に位置し国道126号線に沿って連なる台地上にある前方後円墳です。大堤古墳群の主墳とみられ、山武地方最大の規模を誇っています。墳丘の前方部には一部削平され箱根神社が祭られており、地区の人々が権現様と呼んでいるところから、権現塚古墳の名で親しまれています。古墳の全長は115m、前方部幅53m、後円部径55~60m、墳高は10~12mを測ります。また、周溝(しゅうこう)は3重に巡り(平成3年確認)、古墳の総全長は174m、前方部側最大幅104m、後円部最大幅113.7mです。

開催場所 県指定史跡
電話番号 0475-80-1451
備考 大堤権現塚古墳へは、JR総武本線松尾駅から徒歩15分、



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。