童謡「里の秋」の歌碑

童謡「里の秋」の歌碑は、作詞家で数多くの童謡を生み出した斎藤信夫を記念して建てられたものです。代表作「里の秋」の一節やその解説が刻まれています。この歌は昭和21年(1946年)にレコード化され今もなお幅広く愛唱されています。碑は成東城址公園の広場に置かれています。刻まれている歌詞は「静かな しずかな 里の秋  お背戸に 木の実の 落ちる夜は ああ 母さんと  ただ二人  栗の実 煮てます  いろりばた」です

電話番号 0475-82-2842
備考 成東城跡公園へは、JR総武本線成東駅から徒歩20分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。