person_title

伊藤左千夫は、元治元年(1864年)に成東町(現山武市)殿台に生まれました。本名は幸次郎と呼び成人して短歌の世界に入って春園を号し次いで左千夫を改号しています。偉大な師、正岡子規に接したのが37才の時です。50才で没する13年間で「野菊の墓」など多数の小説を残しています。アララギ派歌人で活躍しました。生家は殿台地区にあり約200年前に建築されたもので伊藤左千夫が少年時代を過ごした茅葺きの母屋(間口8間、奥行き6間)です。東京の茅場町時代に使用した茶室(山武杉を用いて建てられた)も死後移築されています。県指定文化財に指定されています。

sachio_ito_house


人物一覧
蕨真一郎(蕨眞) [文化・歴史|人物]
 
牧野萬右衛門(まきの まんうえもん) [文化・歴史|人物]
山武市草深 連絡先: 山武市歴史民俗資料館 0475-82-2842
稲葉黙斎(いなば もくさい) [文化・歴史|人物]
山武市成東 連絡先: 山武市歴史民俗資料館 0475-82-2842
伊藤左千夫 [文化・歴史|人物]
山武市殿台 連絡先: 山武市歴史民俗資料館 0475-82-2842
安井理民(やすい はるたみ) [文化・歴史|人物]
山武市下町 連絡先: 山武市歴史民俗資料館 0475-82-2842