安井理民(やすい はるたみ)

安井理民は、安政6年(1859年)3月3日に成東下町(現山武市)に生まれました。明治11年(1878年)に19歳で戸長(現在の町長)となり自宅に役場を置いて町政に励みました。明治19年(1886年)27歳の時に、地元の発展のため鉄道創設事業を志し、明治22年(1889年)総武鉄道会社を設立しました。病魔に侵され明治27年(1894年)2月16日、鉄道運行を見ずに35歳の若さで没しています。鉄道は5ヵ月後の7月20日に市川~佐倉間が開通されました。その後、同志の働きで明治30年(1897年)5月1日佐倉~成東、6月1日成東~銚子間が開通しました。

電話番号 0475-82-2842
備考 安井理民氏の死後、同志の働きでJR市川駅~JR佐倉駅間を皮切りに、JR佐倉駅~JR成東駅間(明治30年(1897年)5月1日)・JR成東駅~JR銚子駅間(6月1日)に鉄道が開通しました。



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。