成東・東金食虫植物群落

成東・東金食虫植物群落は、JR総武本線成東駅から南東約2㎞、作田川に沿う山武市島・東金市上武射田ににまたがった約17,000㎡の低湿地帯にあります。現在300種類以上の植物の自生地が特徴の一つです。食虫植物の種類は、葉に粘毛を備えて虫を捕らえるモウセンゴケ、コモウセンゴケ、ナガバノイシモチソウや砂泥中の地中部に捕虫嚢を備えて虫を捕らえるミミカキグサ、ムラサキミミカキグサ、茎や葉に捕虫袋をつけ微小虫を捕らえるタヌキモなどの食虫植物のほか、ノハナショウブ、コバキボウシなど各種の湿原植物が生育しています。食虫植物群落を散策し自然と接してみてはいかがでしょうか。

開催場所 国指定天然記念物
ホームページ http://plants.sammu.info/
電話番号 0475-80-1451
備考 成東・東金食虫植物群落へは、JR総武本線成東駅から徒歩30分



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。