観音寺

観音寺は、真言宗の寺院です。本尊は阿弥陀如来です。この地域では古い寺の一つです。建立時期など由来は定かでありません。太平洋戦争中は、東京からの学童疎開の宿舎及び学習の場として使用されていました。境内には、以前は聖観世音を本尊とする観音堂と地蔵菩薩を主尊とする大師堂がありました。現在も本堂の他に、山門、観音堂(建物のみ)が残っており当時の威容をしのぶことができます。宝永7年(1710年)3月に蓮福寺弁寿の唱導により、山室村の斎(とき)念仏塔が建てられました。

開催期間 通年
料金 無料
電話番号 0475-80-1451
備考 寺は千手院・室木山観音寺と呼ばれます。



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。