真光寺

真光寺は、比叡山延暦寺の直末(じきまつ)で、1030年余り前に遍照僧正が旧松尾町(現山武市)折戸の地に開基したといわれています。本尊は地蔵菩薩です。鎌倉時代に現在の地に移転したと伝えられています。上総四本山の一つに数えられていました。現在の本堂は、文化6年に建立したものを、昭和62年(1987年)に大改修し竣工したものです。敷地約7,000坪の境内には、本堂、庫裏(くり)、阿弥陀堂、大師堂、鐘楼、閻魔堂、唐金大仏(1丈2尺)が建ち並び、その規模はかなり広大であったようです。

開催期間 通年
交通機関(タクシー) JR総武本線松尾駅からタクシーで10分
料金 無料:御朱印代200円
駐車場 普通車 10台
電話番号 0479-86-4386
備考 寺は天台宗遍照山・地蔵院真光寺と呼ばれます。



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。