末廣神社

末廣神社は、「通称・道灌様」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。祭神は、軻遇馳智命・倉稻魂命と合わせて太田道灌を合祀しています。敷地329坪の境内には本殿(瓦葺)が建っています。寛政元年12月23日に華族太田資義の中祖太田資愛が、かって仙洞御所より賜った御末廣を石櫃に納め、一社を造立したのが末広神社の創祀といわれています。明治2年に太田資義が上総の国武射・山辺の両郡に転封のとき、当国に還して藩の鎮守としました。

開催期間 通年
交通機関(電車) JR総武本線松尾駅から徒歩10分
料金 無料
電話番号 0475-80-1451
備考 学問、家内安全、商売繁盛の神様として、近隣からの参拝客が訪れます。神社の例祭には、神楽の奉納が行われます。期日、毎年7月26日から直後の土曜日。



Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。