浪切不動院

真言宗の寺。本尊に浪切不動明王(なみきりふどうみょうおう)を祀る。縁起には、天平年間(729~749年)に行基により不動尊像が安置され、延歴年間に弘法大師が像を移し開眼供養をして、無明山明王院長勝寺として創建されたと伝えられています。名称は信徒が不動院と略称していたものが、いつしか公称となり現在にいたっています。本堂には、朱塗りの三方懸崖造りで県指定天然記念物の石塚山の中腹に建っています。




Copyright © 2009 Sammu Kanko Kyokai, All rights reserved.

本ホームページ上に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。